貯金箱を発見したので三菱東京UFJ銀行のATMに硬貨を入金してみました。

雑記

小銭貯金を発見しました

実家の物置で、硬貨がいっぱいに詰まったレトロな瓶がたくさん見つかりました。

お金は使わなければただの紙切れです(この場合は硬貨だけれど)。

誰が貯金していたものかはわかりませんが、ずっと放置したままなのも良くないなぁということで、自分の銀行に預金することにしました。

どうせ生きていることで誰かに恨まれ、消費し、される人生。
実家から小銭くらい拝借してもバチはあたるまい。

小銭をいい感じに預金する方法

自分は支払いをするときにはキャッシュレス決済を使用するようにしています。

1番よく使うのは楽天payなので、楽天銀行に預金したいところですが、ネットバンクへ現金の入金はできません。

仕方ないので、三菱東京UFJ銀行に入金します。家賃の引き落としなどに使っているメガバンクです。

ポケットチェンジというサービスなら、硬貨をsuicaなどの電子マネーにチャージすることができるので、これもおススメです。(端末の設置場所がかなり限られているのが難点)

支店ならATMで硬貨の預け入れができる

銀行や郵便局の窓口に持って行って、小銭を数えてもらって入金するのは色々と手続きがめんどくさそう。

それに窓口の人と会話するのが嫌なので、「硬貨の取り扱いのあるATM」を探すことにしました。

三菱東京UFJ銀行のATMなら、硬貨100枚までは手数料無料だそうです。

「硬貨の取り扱いのあるATM」は三菱東京UFJ銀行の支店に設置されています。

ただし、平日の9:00~15:00の間だけなので注意。

試したことはありませんが、わざわざ支店まで行かなくても、郵便局やスーパー、コンビニ内のATMでも平日のこの時間内なら受け付けてくれるところがあるかもしれません。要検証。

100枚までしか投入できない

ATMなら硬貨100枚までなら手数料無料、とのことですがそもそも100枚を超えると受け付けてくれません。投入口が開いて、最初からやり直しになるのです。

効率よく1度で入金を完了させるためには、絶対に100枚以内におさめる必要があります。

しかし事前に家でチマチマ小銭を数えるなんて、時間の無駄です。勘でいきましょう。

今のところ、「片手でつかめるぐらい」の量を投入することにしていますが、これなら100枚の壁を超えることはありません。

硬貨を投入したら、「入金」ボタンを押して、数え終わるのを待つのですが、この量だと10秒くらいで終わります。はやい。

金額が表示されますので、「確認」ボタンを押せば完了。

投入した枚数が分かればもっといいのだけれど。

1,500円の臨時収入を得た!手数料無料なのが嬉しい。

まとめ|小銭は銀行に預け入れよう

こんな感じで、物置で眠っていた古い小銭たちをATMで入金してみました。

  • 三菱東京UFJ銀行の支店においてあるよ
  • 硬貨の対応は平日の9:00~15:00の間だけなので注意
  • 100枚を超えると最初からやり直しになるよ
  • 手数料無料だよ

預金しても利子はほとんど付きません。
ですが、家の中でただ放置しているなんてさらに勿体ないです。ATM入金、最高!

銀行に預け入れることで、家計簿アプリに自動で反映されるので家計管理も楽になります。ムダ買い防止にも効果的

追記:瓶の中につくば万博の記念硬貨が入っていました。
もしかしたらこういう特別なものが混じっているかもしれないので、ちょっとはチェックすることにします。