初めてのタフティングは盛大に失敗した

DIY

前回、タフティングフレームを作りました

今回、実際にラグを作ってみて、いちおう形にはなりました。

結論から言うとクロスに対して図案を大きく描きすぎて盛大に失敗しました。

後学のために「こうしたほうがいいな」とか「こうしたほうが効率が良いな」と思ったことを忘れないうちに記録しておきます。

フレームにタフティングクロスを張る

前回作ったタフティングフレームにクロスを張ります。

ネットで買った200×200cmのタフティングクロス。7,800円くらいでした。

念のため洗ってから使いました。

パネルピンにぶすぶす刺していきます。

  • 角を留めてから他の場所を固定する
  • 最初が肝心。ピンと張る。

タフティングガンを打ってみる

これが私のタフティングガン。AK-1(カットパイルのみ対応)です。

  • 黒×シルバーが超カッコイイ!
  • Amazonで新品を購入したら明らかに中古品が届いた
  • 普通に使えたからいいんだけどね
  • 説明書はALL中国語

打ってみた。

  • 糸を通すのが意外と簡単で、ミシンみたいに複雑じゃなくて安心した
  • 思ったより強く布に押し付ける必要がある
  • 押しつけが弱いと「ボコッ」と嫌な音がする
  • 楽しい

表から見るとこんな感じ。

モコモコしてる!感動~!

普通はある程度小さなラグから練習していくんだけれど、「これは完全に習得したわ」と自信満々に考えなしにデカいラグを作りはじめてしまいました。

毛糸が絡まり停止する

ガンの歯車のところに毛糸が入り込み、「ビーーーー」とかいって強制停止した。

引っ張ってもとれなかったので、ガンのここのところを分解して事なきを得た。

7mmスパナ、大活躍。絶対あった方がいい。

created by Rinker
エンジニア(ENGINEER)
¥263 (2022/07/03 08:42:00時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにこの日、2回ほど毛糸が絡まって強制停止しました。

なので、毛糸が絡まらないようなポジションを画策。

毛糸を自分の右側に置いて、タフティングガンのコードは自分の左側から引っ張ってくるようにしたら、お互いが干渉せずに絡まらなくなりました。

あと、フックに毛糸かけるとやりやすい。この位置につけておいてよかった。

フレームが動くので滑り止めシールをはりました

布に押し込みながら打っていくので、どんどんフレームが動いてしまいます。

なので底に滑り止めシールを貼ってみました。

すると見事に動かなくなって、場所を選ばずにタフれるようになりました。

created by Rinker
PLUS(プラス)
¥355 (2022/07/03 11:23:21時点 Amazon調べ-詳細)

タフティングの気付き

  • ダイヤルで打つ速度を調整することができる
  • ちょっと速めの方が自分はやりやすい
  • アウトラインはゆっくりやった方がいい
  • マシンガン撃ってるみたいで楽しい
  • 手首が痛くなるってよく聞くけど自分は指が痛くなった
  • スキマがあくよりはちょっと詰まりすぎの方が見栄えがいい
  • 最初にデザインちゃんとしたほうがいい、絶対

幅が足りなくなる

楽しくやってたんですが、問題発生。

フレームに対して図柄を大きくしすぎてしまい、どんどん布が足りなくなる。

こんな感じで端っこがボロボロになってしまいました。

養生テープを使ってなんとか頑張ってみました。

うまく針を押し付けることができないのでボコンボコンいうし楽しくない。

もっと周りの余白を空けた方がいいですね。反省。

接着剤を塗る

とりあえず形になった所で接着剤を塗っていきます。

フレームを倒した方がガッツリ塗れるし、床が汚れないのでやりやすい。

塗ったらエアコンの前で乾燥させる。

今回使用したのは、家のリフォームでも大活躍だったセメダインのクッションフロア用ラテックス。

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥891 (2022/07/03 13:03:39時点 Amazon調べ-詳細)

塗ったあとに15分ほど窓を開けていたのですが、換気が不十分だったのか頭痛に襲われました。

とりあえず寝るかってなって寝たんですが、家にグレムリンが侵入してきて爪で攻撃されて「うちの猫の10倍切れる!!!!!!!」って叫びながら退治しようとする夢とか、イタリア料理店を出店したんだけれど名物のフランクフルトを揚げようとすると全部焦げる、という悪夢にうなされました。

接着剤を塗るときや、塗った後はしっかり換気した方がいいですね。

最低でも2方向の窓を開けて換気。大事。でも寒いんだよね。

しかも窓を開けると、毛糸のクズが空気中に舞い上がってしまい、それもそれで身体に悪そう。

なので今後は

25分間作業⇒掃除機で毛糸クズやホコリを吸い取る⇒5分間休憩&換気(部屋中の窓開ける)

*4セットごとに15分休憩(&換気)

というフローで行こうと思う。

作業時間が25分間なのは、人間の集中力は最高で25分間しか続かないから。

フレームから布を外す

約24時間後。完全に乾いたのでフレームから外します。

毛糸がビロビロ出ている所は最初に抜いておけばよかった。次からは接着剤つける前に処理しよう。

布の余白をスプレーノリで貼り付けて、バリカンで毛並みを整えて終了(写真撮るの忘れてた)。

最初はグルーガンでくっつけてたけれど、超めんどくさかったのでスプレーのりで対応。

裏地はとりあえずなしで。失敗作だし。

布が足りなくなって上手く打てなかったところ。ハ、ハゲテル……。

玄関に置いてみた。

見切り発車で「とりあえずやってみた」って感じなので色の組み合わせとかテキトー。

失敗作なのにムダにデカい。

でも踏み心地はなかなかいい。モフモフ。

次に気を付けること

  • ちゃんとデザイン考えてからやる
  • 枠に対して十分な余白をつくる
  • もう少し間隔を詰めて打つ
  • 接着剤つける前に毛糸のピロピロをとる
  • ちゃんと換気する

タフティングめっちゃ楽しい。一生やりたい。

もっとうまくなれるように追及してみます。

使用したもの

  • 毛糸(100均)⇒12玉くらい
  • タフティングクロス⇒114cm×54cm
  • クッションフロア用接着剤⇒いっぱい
  • 7mmスパナ
  • 毛糸を通すための針金
  • ペット用バリカン
  • スプレーのり
  • 裁ちばさみ
  • 布を固定するための養生テープ

糸巻き機、買ったはいいけれど使い道が分からない。