ドクターマーチンをワックスなしで靴磨きするための最低限のグッズ

雑記

愛用のドクターマーチン8ホールが汚なくなった!

ということで、グッズをそろえてメンテナンスをしてみました。

本記事ではその方法とグッズをご紹介。

ポイントは、ワックスを使わないでワイルドさを残した仕上がりにすること!

こんな人におすすめ

  1. ピカピカすぎる仕上がりが苦手
  2. なるべくラクに最低限のアイテムで
  3. 安くすませたい

という方におすすめです。

Before:まじで汚いドクターマーチン

今回綺麗にするのはこちらのブーツ。

  • 汚れがたまってくすんでいる……。
  • 乾燥によるしわが目立つ……。

などなど、こまめに手入れしないとこういったトラブルが。

さて、これがどれくらい綺麗になるのかというと……。

After:ピカピカすぎないかっこよさ!

最終的にこれくらい綺麗になりました。

流石に傷がついている部分は修復できなかったのですが、全体的にツヤが出てハッキリとした色味に生まれ変わりました

かなり汚いマーチンが、ちょっとはマシになったという感じ。

ワックスなしでもここまで綺麗にすることが可能です。

(正直、シューレースを交換するだけでもかなり全体の印象が変わります)

ワックスを使わないで、汚れ落としクリーム&アニリンクリームだけでマットな仕上げで留めるのがポイント。

そうすることでワークブーツらしいワイルドな表情を残したままにできるのじゃ。

この手入れ方法はほとんどのブーツに対応可能◎

わたしはサイドゴアブーツやパンプス、バッグまでこの方法でケアしておりますよ。

用意するもの|初心者向け

  1. 新しい靴紐
  2. シューキーパー
  3. 馬毛ブラシ
  4. 靴クリーナー
  5. 布(いらないTシャツとか)
  6. 豚毛ブラシ
  7. 撥水スプレー
  8. アニリンクリーム

靴磨きの簡単な流れ

靴磨きの簡単な流れはこんな感じ。

  1. シューキーパーを入れる
  2. 馬毛ブラシでおおまかな汚れを落とす
  3. シュークリーナーで汚れを落とす
  4. アニリンクリームを塗りこむ
  5. 豚毛ブラシでブラッシング
  6. 撥水スプレーで仕上げ
  7. 新しいシューレースをつける

かかった時間は1足で30分くらいでした。

①シューキーパーをつける

靴紐をとったら、まず必要なのがシューキーパー。

しわを伸ばすことでお手入れがしやすくなるのだ。

これがあるとないとでは靴の寿命が大違い。

どうせ靴の中に入れるから見た目は重要じゃないし、「ないよりはあった方がマシか~」ぐらいの気持ちで安いものを探しました。

そこで私が購入したのはM.MOWBRAYプラスチック製のシューキーパー。

Amazonで900円とかなりお得。

シューキーパーとしての役割は十分に果たしてくれます。

普通に使いやすいのでオススメ。

使い方はカンタン!

①靴に合わせてサイズを調整して

②甲のしわが伸びた状態をキープして型を整え装着

木製のものは少し高いのですが、消臭効果があるのでこれもいいかもしれません。

②馬毛ブラシで表面の汚れをとる

汚れをクリーナーで落とす前に、表面のホコリを馬毛ブラシで落とします。

かなりホコリが出るので玄関などで作業するのがおすすめ。

ブラシには「馬毛ブラシ」と「豚毛ブラシ」がありますが、汚れ落としは細かく柔らかい「馬毛」がマスト。

コロニルの馬毛ブラシは、毛の長さと密度がちょうどよく、握りやすいところもGOODです。

ホコリがたまりやすいハトメの裏側やコバ周りも忘れずに、ブラッシングしていきます

③シュークリーナーで汚れを洗浄する

細かいほこりやチリをブラシで払い落としたら、次はクリームでしっかり落としていきます。

シュークリーナーでしっかり汚れを落とすことで、くすみをとって、元のキレイな色に戻すことができます。

コロンブスのシュークリーナーはクリーム状なので適量を出しやすく、優しくこするだけで汚れを落としてくれる優れもの。

550円とお手頃価格。

いらないTシャツを使いやすいサイズに切って、指に巻く。

クリーナーを少量とって、軽く拭く。

全体のくすみが取れていくのが気持ちいい!

ヒール部分の汚れもしっかりと落とそう

created by Rinker
コロンブス(Columbus)
¥550 (2022/07/03 03:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

④アニリンクリームでツヤ出し&保湿

次は、靴の手入れで最も重要な作業……クリームの塗りこみ。

綺麗な布にクリームをとり、全体に塗る。

クリームの種類は色々ありますが、適度にツヤが出る「アニリンクリーム」がオススメです。

  1. デリケートクリーム⇒水分が多くシミやムラが出にくい。初心者向け
  2. アニリンクリーム⇒デリケートクリームとシュークリームの中間。ツヤが出る
  3. シュークリーム⇒光沢が出やすいが、塗布するには慣れが必要

つま先やかかと部分を入念に塗り込み、ツヤだしと保湿をしていきます

⑤豚毛ブラシでクリームを塗りこむ

④で塗ったアニリンクリームを豚毛ブラシで塗り込みます。

固く鋭い豚毛ブラシで、革に栄養を浸透させるイメージです。

軽くブラッシングすることで全体的に光沢が生まれて、お手入れ前とは別の表情を見せてくれます。

ルボウの豚毛ブラシがおすすめ。

適度な毛の長さでブラッシングしやすく、密度もしっかりしています。

すこし毛が抜けやすいのが難点です。

②の汚れ落とし⇒馬毛ブラシ/⑤クリームの塗り込み⇒豚毛ブラシと使い分けることできれいに仕上がります

⑥撥水スプレーで仕上げる

レザーの大敵は、雨によるシミ。

そこで、靴の保湿をしたあとは撥水スプレーでしっかりケアします。

水をはじくだけでなく、汚れを防いでくれる効果もあります。

Mモゥブレィの撥水スプレーは高い撥水力が特徴。

乾いたらブラッシングするとより効果が高まるそうです。

スプレーをかける作業はなるべく外しよう。

⑦新しい靴紐をつけて終了

最後に新しい靴紐をつけて終了。

紐を足首でグルグルと巻くスタイルが好きなので長めの140cmのシューレースを選んでいます。

靴紐の通し方は基本のオーバーラップです。

久しぶりだと靴紐の通し方って忘れていませんか?

コンバースのサイトで紹介されている靴紐の通し方が分かりやすかったので、参考にしてみてください。

created by Rinker
Dr.Martens(ドクターマーチン)
¥600 (2022/07/03 21:24:26時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ|少しの汚れはアジ!

こんな感じでドクターマーチンのワックスを使わないお手入れ方法を紹介してみました。

ビジネスシューズではないのでピカピカの鏡面磨きよりも、少しくらい傷があった方が「味」があってかっこいいと思います!

最低限のお手入れなら、そこまで大変ではありません。

長く愛用するためにもぜひワックスなしのお手入れを。

created by Rinker
コロンブス(Columbus)
created by Rinker
Dr.Martens(ドクターマーチン)
¥550 (2022/07/03 03:41:10時点 Amazon調べ-詳細)