動物愛護センターから子猫を引き取りました

古民家暮らし

動物愛護センターから子猫を引き取りました。

子猫を飼ってみたいと思っている人のために、譲渡までの流れなどを簡単にまとめてみます。

猫の飼い方講習会を受けます

当日は猫ちゃんを持って帰るためのキャリーバッグを持って会場に行きます。

会場では約1時間の「猫の飼い方講習会」を受講します。

動物愛護センターには、様々な理由でイヌネコが収容されています。

  • 動物遺棄の証拠品として、警察によって保護された
  • 引越しなどの理由で捨てられた
  • 逃げ出したまま、飼い主が見つからない
  • 母猫からはぐれた

などなど。

このようなネコを増やさない為の保護活動の一環として譲渡会を行っています。

譲渡されるネコちゃんは既に去勢・不妊手術済みなので子供を産みません。

また、マイクロチップを装着しているので、
もし逃げ出した時にも飼い主に連絡がつくようになっています。

……とまぁ、こういったことを講習会で学びます。

他にも、猫の飼育に関する注意点なども教えてもらえます。

私は子供のころから猫を飼っているのですが「そんなこと知ってるよ~」といったことから、
「そうなんだ、知らなかった」という内容もありました。

猫ちゃんとご対面

講習会が終わったら、さっそく猫ちゃんたちとご対面。

この日は5組(10人くらい)の参加者がいました。

電話予約の時に子猫を希望したのですが、他の参加者も同じく子猫を希望していたようです。

生後2か月前後の9匹の子猫が部屋に運ばれてきました。

ホワイトボードに番号が書かれていて、第1希望のネコちゃんのところに自分の名前を書いていきます。

希望者が複数いた場合はジャンケンで決めるということでした。

30分くらい各々ケージを見回って、どの子を引き取るのかを決めます。

どの子も可愛くて迷ってしまいました。

決定|引き取りの料金など

1番最初に目が合った白茶の子に直感で決定。

幸いにも希望者が被らなかったので、穏便に決まりました。

あとは誓約書にサインをして、連絡先や住所なども紙に書きます。

このタイミングで譲渡費用の9,000円を支払います。

最後に写真撮影(譲渡しましたよっていう証明のため)をしたら、
キャリーバッグに入れてお家に連れていきます。

こんな感じで譲渡会は終了。

スタッフの方の迅速に対応のおかげでスムーズに手続きができました。

ボランティア団体の譲渡会との違い

以前に地域のボランティア団体(?)の譲渡会に参加したことがあるのですが、
動物愛護センターの譲渡会の方が引き取りまでの流れがかなりスムーズに感じられました。

  • 成人済み&65歳以下であればひとり暮らしでも譲渡可能
  • 不妊手術・マイクロチップ装着済みで譲渡費用9,000円
     (ボランティア団体の方はすべて込みで30,000円くらいと言われました)
  • トライアル期間を設けずに、その日のうちに家族として迎えられる
  • スタッフによる自宅訪問なし

ボランティア団体の譲渡の流れ

私が以前参加したところでは大体こんな感じ、と説明を受けました。

かなり手間がかかります……。

  1. トライアル申し込み(家族構成や職業などすごく詳細な個人情報を書く)
  2. 審査の上、トライアルがOKだったら一週間以内に連絡がくる
  3. トライアルが決定したらスタッフによる自宅訪問
  4. 猫が飼育できる環境かどうかを審査(2階建て以上のケージの購入必須)
  5. 大丈夫だったら検査代などの8,000円を支払う
  6. 1週間のトライアル
  7. トライアル後、大丈夫だったらそのままお迎え(譲渡費用22,000円)
  8. その後も連絡したりすることがあるとか

第1希望の猫ちゃんを引き取れるかわからないのに、詳細な個人情報を握られる(しかも記入済みの用紙を受付のところに普通にポンと置いていた)のがちょっと怖かったので申し込みはしませんでした。

ボランティア団体によると思いますが、流れとしては大体どこもこんな感じらしいです。

巷には悪徳な団体もいるらしいのでお気を付けください。

猫を飼いたいと思ったら、まずはお住いの地域の動物愛護センターの譲渡会の有無をチェックするのをオススメします。

我が家に到着

で、我が家にやってきた猫さん。

キャリーバッグから出した瞬間に走り出してお風呂に隠れる。

そんなところに……。

シャーって言われました。

ちょっと時間がたったらキッチンの隅に移動しました。

シャーって言われました。

ちょっと買い物して帰ってきたら、押し入れの奥に移動していました。

いなくなったと思って焦った。

これ以降、押し入れの扉はきっちり閉めて中に入れないように気を付けています。

またキッチンの隅に移動して、寝ました。可愛い。

夕方には慣れてきたよ

夕方ごろには慣れてきて、抱っこするとゴロゴロいってました。

生後2か月までは愛護センターが認めるミルクボランティアさんの元で育てられたそうなので、
人間自体には慣れているのだと思います。

ご飯食べています。

これ、センターの方がご厚意でくださったカリカリなんです。
本当にありがたいです。

可愛すぎるビスケ

名前はビスケにしました。

今ではすっかり慣れて部屋中走り回って遊んでいます。

ボールのおもちゃが大好き。

甘えん坊で、ストーカー気質です(笑)

尻尾がクルリンとしていて可愛い。

お尻をトントンすると喜ぶところが、16歳(猫年齢で80歳)で昨年この世を去ったユキちゃんを思い出します。

ユキちゃんのようにビスケも大きく成長して長生きしてほしいです。

生後2か月子猫のトイレ

ちなみにビスケのトイレはこれです↓

created by Rinker
リッチェル
¥1,981 (2022/08/11 00:07:48時点 Amazon調べ-詳細)

なんと、家に来た初日からちゃんとトイレでおしっこしました!偉い!

生後2か月でちっさいですが、踏み台を置いてあげればちゃんと登ってくれます。

猫砂は片付けが楽な軽量タイプ。

created by Rinker
ライオン
¥657 (2022/08/11 03:15:31時点 Amazon調べ-詳細)

実家の猫は長年こういう↓トイレを使っていますが、砂の飛び散り具合がぜんぜん違いますね。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,687 (2022/08/11 03:15:31時点 Amazon調べ-詳細)

上から入るタイプだと2.3粒くらいしか落ちていません。

まぁ、掃除機でチャチャッと吸えるのでそこまで手間ではないですが。

ビスケからのメッセージ

ビスケが打ってくれたメッセージです。たぶん遊べって言ってます。

m、@、m^:うyytおおおおーおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお