古民家暮らし

古民家暮らし

カーテンをつけたくないので窓用フィルムを貼ったらいい感じになった

カーテンなしで部屋がスッキリして見えます。この目隠しシート、虹色の光がキラキラと反射してすごく綺麗です。ダサいカーテンレールも取り外しました。スッキリ。
古民家暮らし

唐子の陶枕をゲットしました

飾って楽しむために、唐子の陶枕(とうちん)をゲットしました。 命名:ぷりぷりちゃん かわいいです。 この投稿をInstagramで見る 🥦Mɪᴢᴜᴋɪ🥦(@mizuki_psyc)がシェアした投稿 陶枕(とうちん)とは これ、ただの置物ではなくて、枕なんですよ。 陶枕(とうちん)といって、中国から伝わる陶製の枕。 ひんやりしているので夏場にぴったりなんだとか……。 実際に枕として使えるのだろうか、と試してみたのですが、この腰のカーブ具合が首にピッタリとフィットしてなかなか寝心地は悪くなかったです。 底面はこんな感じで穴が開いています。 足のつま先も平らになっているので、グラつかず自立できます。 あと、今は閉館してしまったのですが岐阜県の「日本土鈴館」という博物館にも唐子の陶枕が展示されていました。 こうして写真を見比べてみると、うちのぷりぷりちゃんはそこまで古いものではないんだろうな、と思います。 模様アップ 染め...
古民家暮らし

iPhoneより安い古民家を買ってみたので、いろんな妄想してる

前回「いま住んでる賃貸が嫌いすぎるので失敗ポイントをあげてみた」という、ひたすら今の賃貸マンションに関する不満記事を書きました。一人暮らしをしてみたいと思っている方にとっては読む価値のある記事です。 私がいまのところを引き払いたい最大の理由として「自分には必要のない部分に毎月お金を払い続けている状態」がとにかく嫌だった。ということが分かりました。 駅チカである必要はないのに駅チカだからちょっと高いシャワー派なのにバス・トイレ別にしたからちょっと高い……みたいな感じですね。 いろんなところで「ちょっと高い」要素が重なっている状態。まぁ自分が悪いんですけれどね。 毎月の支出を振り返って、「あぁ、家賃さえなければ、どれだけ楽なんだろう」「もっと投資や趣味にお金が使えるのにな」なんてガックリする月末。_| ̄|○ もう、家賃や更新料に振り回されるのは嫌だ!と思って、新しい住み家として一戸建てを購入してみました。 安すぎて即決しちゃった 立地はすごくよかったけれど、内見に行くまでは、あまり期待していなかったんです。だって提示されている額があま...